カントリーモーニング(仮)

しがないサラリーマンが不定期に更新する雑記帳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
【LINE】おしゃべりbot。
前回作成した【LINE】かんたんbot をベースに、
docomo 自然対話APIを使用して、【LINE】おしゃべりbotにしてみました。

■ docomo 自然対話API
(概要)
https://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=docs.api.page&api_name=natural_dialogue&p_name=api_usage_scenario
(仕様)
https://dev.smt.docomo.ne.jp/?p=docs.api.page&api_name=natural_dialogue&p_name=api_4#tag01



上記「docomo 自然対話API」ページからアカウント作成/申請すると、
docomo 自然対話APIを使用可能になるAPIKEYが発行されます。

発行された「ほげほげ」というAPIKEYを使って、
「https://api.apigw.smt.docomo.ne.jp/naturalChatting/v1/dialogue?APIKEY=ほげほげ」
にPOSTリクエストすると、JSON形式でレスポンスが返ってきます(DApiNaturalChattingUtil.java:新規作成ファイル)。

LINE SDK内 EchoApplication.javaで取得できるユーザからの入力メッセージを
DApiNaturalChattingUtil.java に渡して、docomo 自然対話APIから返ってきたメッセージを
EchoApplication.javaでユーザへの出力メッセージとしてTextMessageで返却します。

modifiedMessageText = DApiNaturalChattingUtil.callPost(originalMessageText);
return new TextMessage(modifiedMessageText + "げぼ");

すると、


みたいになります。

あと、以下、備忘録メモです。

・デバッグの方法
「System.out.println("ほげほげ");」でソース上にログを埋め込み、以下で確認が可能。
> heroku login
> heroku logs --tail --app {HEROKU_APP_NAME}

・findbugsの無効化
デプロイ後のビルドで、findbugsでのエラーが取れなかったので
(line-bot-sdk-java>gradlew findbugsMain でローカルでもビルド確認可能)、
残念ながら、findbugsの処理はひとまず無効化しました。
-------------------
line-bot-sdk-javabuild.gradle
//apply plugin: 'findbugs'
-------------------

あと、以下は、ソースコードです。
・EchoApplication.java(ユーザからの入力メッセージ受付部:修正ファイル)
・DApiNaturalChattingUtil.java(自然対話API使用処理本体:新規作成ファイル)
・build.gradle(sample-spring-boot-echoのbuild.gradle:修正ファイル)

■ EchoApplication.java(ユーザからの入力メッセージ受付部:修正ファイル)


■ DApiNaturalChattingUtil.java(自然対話API使用処理本体:新規作成ファイル)


■ build.gradle(sample-spring-boot-echoのbuild.gradle、java-json.jarを追加:修正ファイル)



エンタメゴルフ(コンペ賞品&ゴルフギフトのお店)
¥ 430
コメント:「うんこ味のカレーとカレー味のうんこ、どっちがいい?」って聞かれると困るけど、これは「カレー味のうんこ(先生んちの)カレー」だから大丈夫です。

| LINE | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【LINE】かんたんbot。
LINEで かんたんbot(オウム返しするだけ)が、とても簡単に作れました。



1. LINE developers から 新規channelを作成する
[ LINE developers ]
https://developers.line.me/console/
→ 「Messageing API」を選択し、各種情報を入力する
作成後、
→ アクセストークンを発行する(「アクセストークン」の「再発行ボタン」を押してトークンを表示させておく)

2. HEROKUで新規アプリを作成する
[ HEROKU ]
https://dashboard.heroku.com/apps
→ 「New」->「Create new app」->「Create app」

3. PCに LINE bot作成用 sdkを 用意する
https://github.com/line/line-bot-sdk-java
→ 以下を実施(事前に http://git-scm.com 等からgit環境を用意しておく)
> git clone https://github.com/line/line-bot-sdk-java

・line-bot-sdk-javasample-spring-boot-echosrcmainresourcesapplication-template.yml
を「application.yml」にリネームする
・application.ymlの以下の記載を削除
-------
This is tempalte file for configuration.
Please copy as `application.yml` and change your value.
-------
・application.ymlの以下の記載を変更
-------
<変更前>
line.bot:
channel-token: 'Put Your Channel Token Here.'
channel-secret: 'Put Your Channel Secret Here.'

<変更後>
line.bot:
channel-token: (1.LINE developersページ->Channel基本設定->メッセージ送受信設定->アクセストークン の値を記載)
channel-secret: (1.LINE developersページ->Channel基本設定->基本情報-> Channel Secret の値を記載)
-------

4. 3.のbot環境をデプロイする
→ 3. で作成した「line-bot-sdk-java」フォルダに移動し、以下を実行する。
{HEROKU_APP_NAME}は、2.HEROKUで作成したアプリ名
> heroku git:remote -a {HEROKU_APP_NAME}
> git add .
> git commit -m "First commit"
> git push heroku master


5. LINE developers から channel情報を更新する
[ LINE developers ]
https://developers.line.me/console/

・「メッセージ送受信設定」→「Webhook送信」を「利用する」に変更
・「Webhook URL」に以下を入力({HEROKU_APP_NAME}は、2.HEROKUで作成したアプリ名)
---------
https://{HEROKU_APP_NAME}.herokuapp.com/callback
---------

6. 動作確認
LINE developers→アプリ名選択→「LINEアプリへのQRコード」の画像を
LINEアプリ→「友だち追加」→「QRコード」から読み込ませて、作成したLINEアプリを追加。
[ LINE developers ]
https://developers.line.me/console/

→ 友だち追加後、何かメッセージを送ってみると同じメッセージが返ってくる。


7. 動作時のログの確認
以下のコマンドを実行しておき、6.を実施
> heroku login
> heroku logs --tail --app {HEROKU_APP_NAME}


8. 文末に「げぼ」を付加してから応答するよう変更
→ 以下のソースを変更
line-bot-sdk-javasample-spring-boot-echosrcmainjavacomexamplebotspringecho
・EchoApplication.java
-------
<変更前>
@EventMapping
public Message handleTextMessageEvent(MessageEvent event) {
:
default:
return new TextMessage(originalMessageText);

<変更後>
@EventMapping
public Message handleTextMessageEvent(MessageEvent event) {
:
default:
return new TextMessage(originalMessageText + "げぼ"); //★文末に「げぼ」を追加
-------
変更したファイルを push。
>cd sample-spring-boot-echosrcmainjavacomexamplebotspringecho
>git add EchoApplication.java
>git commit -m "Add GEBO at the end of the text"
>git push heroku master





まるか商事株式会社
¥ 7,100
コメント:ぺ・ヤンジュンさんもぺヤング食べるのだろうか。

| LINE | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デザイングッズストア。
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
AMAZON RECOMMEND
ハァハァCD
ハァハァCD (JUGEMレビュー »)
オムニバス,白雪みるく,河原木志穂,くーたん,森永まみ,たぬまゆみ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
デザイングッズストア。
心頭MakeUp Tシャツ。
2009_09_18_11_39_28
ブロカン
サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
おしゃれショップ「かさぶた人生」
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE